身だしなみを整えて面接に挑む

フォーマルな格好をしたほうが無難

アルバイトとして働くとなると、人によっては面接の時点で油断してしまいがちです。確かに、正社員に比べても気楽な立場として働くことができるので、仕方のない部分はあります。しかし、やる気を示す、そして真面目であると言うことをアピールするといった意味では、フォーマルな格好で臨んだほうが良いでしょう。良識ある社会人であることが前面に出ていれば、それだけで面接官を安心させることができます。私服でも問題なく面接をしてくれるところはたくさんありますが、それでもやはり、背広にネクタイで臨んだほうが無難です。どのような格好で面接に臨めば良いのか分からないようなバイトの現場なら、フォーマルな格好一択で良いでしょう。

髪の毛の色などには特に注意を

私服で面接を受けても問題がないようなところも、頭髪の色には厳しい場合があります。例えば、コンビニのアルバイトの面接に関しては、私服で臨んでもほとんど問題はないでしょう。ただ、この類の接客業をメインとした現場は、お客さんの前に出てくることになるので、結局のところ頭髪の色やピアスなどといった見た目の問題には厳しいです。面接の段階で髪の毛が少々茶色なら、その後で黒くすると言えば、大目に見てくれる事は多いといえます。しかし、それはそれで面倒なので、前もって髪の毛は黒くしておいた方が良いでしょう。どうしても髪の毛の色を変えたくないなら、求人情報の中身を前もって確認し、その上でバイトを厳選することが大事です。最初から髪の毛の色は全く関係ないと謳っている現場を選ぶことが重要となります。