面接官の目を見て会話する事

印象アップ!しっかりと目を見て話す

バイトを始めたい、と思った時、履歴書を書いて面接を受けることになります。履歴書の内容も確認しますが、面接によって、雇い主は「この人間と働きたいか?」という人となりを判断します。面接官に好印象を持ってもらうことが、希望バイトへの採用にとって大切なことになります。
そのためにまず必要なのは、面接官の目をしっかりと見て会話をすることです。緊張のあまり、視線が泳いでしまったり、答えに詰まってうつむいたまま話してしまうことはないでしょうか?
人は考えながら話すと、自然と視線が逸れてしまうものですので、気づくと違う場所を見て話してしまいがちです。どんなに会話の中身がしっかりしていたとしても、視線があちこちに行ってしまっては、落ち着きのない人・自信のない人・コミュニケーションができない人等マイナスな印象を与えてしまう可能性があります。面接官の目を見るよう、意識して面接に挑みましょう。

意外と難しい、面接官の目を見ての会話

面接官の目を見て会話をする事が大事ですが、意外と難しいのも事実です。人の目をじっと見たまま話し続けることは大変で、お互いに疲れてしまうことも。
そんな時におすすめしたいのが、面接官のおでこや鼻の付け根あたりを見て話すことです。目に近い位置なので、違和感もなく、自然と視線を逸らすことができます。相手からは、目を見て話しているように見えるでしょう。
人の目を真剣に見つめ続けると、疲れてしまうばかりか力が入りすぎてかえって不自然になってしまいます。特に面接慣れしていない場合、自然なタイミングで目を逸らすことが難しいため、相手の目を見続けて顔が強張り、硬い印象を与えてしまいます。そんな時に、相手のおでこや鼻周辺を見るようにして自然に視線を外せば、肩の力を抜いて会話できるかもしれません。